地盤調査の特徴

作業員

地震の多い日本では地質調査の必要性がますます高まっています。平板載荷試験は一般住宅や住居用建築物に対して行われることはあまりありません。道路や橋梁など大きな建築物の基礎となる地盤の支持力を直接判定できる試験で、地質調査会社が行います。複数試験と組み合わせるなど、費用や機材は一定ではありません。

火災に備える

ヘルメット

収容人員が50人以上のマンションなどでは、防火対象物点検をする必要があります。点検では、消火訓練などの実施状況などが確認され、消防署に報告書を提出します。点検は防火対象物点検資格者により実施されますので、通常は点検資格者の在籍する業者などに委託します。

災害に向けてのリスク回避

工事現場

住宅を建設する際には、地質調査を行いますが、最近では相次ぐ災害の影響などによりこれをしっかり行う事が求められています。修理費用に比べると基礎工事のコストや調査費用などは安いのです。消費者の意識もそこに向いています。

災害に備えることが大切

工事

知ることで対策できます

先の震災などで液状化現象ということばがしきりにいわれるようになってきています。液状化現象とは地震の揺れによって地盤が砂のように変化してしまって安定性を欠いてします現象のことです。まさに地盤が液体のようになってしまうので液状化と呼ばれています。この現象になる引き金は地震です。しかし影響を受けるのは地盤の表面に近い部分で地中深くは影響を受けないことが分かっています。崩れやすい表面に近い地盤をしっかりと固定することによって液状化対策をとることができます。地盤の中に管を通して岩などを注入していくことで地盤の密度を増します。比較的安価で実現できる方法であるために住宅の液状化対策にも有効な手段となっています。

目的は安定化です

住宅を地震による液状化現象から守るために多くの液状化対策が考えられてきています。住宅は地盤の上に建設します。その地盤を固める必要があります。もちろん掘り進めることで硬い地盤にたどり着くことができますが一般的な家屋でそれをするのが困難です。そのために様々な液状化対策の方法が考案されてきています。ひとつは岩などを敷き詰める方法です。さらに効果的なものとして棒状のものを並べて地盤に挿入してその上に住宅の基礎を作っていくことによって住宅の揺れを軽減させ地盤を安定させる方法です。いずれにしても液状化対策を行う目的は地盤を安定させて住宅を倒壊から守っていくことにあります。そのために多くの工法が開発されてきています。

Copyright© 2017 液状化対策を行っておくことで住宅を守ることができます All Rights Reserved.