1. ホーム
  2. 災害に向けてのリスク回避

災害に向けてのリスク回避

工事現場

基礎工事のベース

住宅などの建設を行う際には、必ず地質調査を行います。最近ではこの地質調査を細かく行うケースが増加しています。その理由は相次ぐ災害によって、壊滅的な被害を受ける住宅が多くなっているからです。耐震構造がしっかりしている住宅は、何かと話題になりますが、地盤が緩ければ、地滑りや倒壊を免れることはできないのです。そのため、地盤の調査をしっかりと行う事を推奨しているのです。液状化現象なども気を付けなければならない項目になります。修理するには、数百万円のコストを要する被害になるのです。ハザードマップなどで地盤の状況をある程度は把握することはできますが、個別の地質調査をしっかりと行う事が最も大事なポイントなのです。

災害時の影響

地質調査はボーリングを用います。地盤に起訴を建設する際には、ある程度の深さに届く杭を打ち込む必要があります。しかし軟らかい地盤に杭を打っても災害時には何の役には立たないのです。災害だけでなく、自然沈下なども生じる可能性があり、十数年後には住宅が傾く恐れもあるのです。そのため、硬い地盤がどのあたりに存在するのかを事前に調査するのです。地質調査ののちに実際の基礎工事が行われますが、深い場所まで工事を行えば、コストもそれなりにかかります。しかし災害時の影響を鑑みると基礎工事にかかる費用は修理費に比べると安いのです。そのため、工事を行う前にしっかりと地盤状況を確認しておくことが大事なのです。これは場所を問わず大事なのです。

Copyright© 2017 液状化対策を行っておくことで住宅を守ることができます All Rights Reserved.