1. ホーム
  2. 地盤調査の特徴

地盤調査の特徴

作業員

地震大国と言われる日本では、地盤調査・地質調査の必要性がますます高まっています。個人の住宅を建設する際には、支持基盤となる地層の調査が必要なため、スクリューなどを使って簡易で深い部分まで調査できる方法を使用する場面が多く見られます。これに対し広範囲で主に地盤表面に近い部分の支持力を直接的に確認するのが平板載荷試験です。道路や橋脚の設置など、圧力に対する強度と地盤の変性について調査を行います。平板載荷試験の結果は部材や設計に反映される重要な資料となります。一般の家庭や住宅用建築に対して行われることはあまりない試験ですが、道路や橋梁などの公共物や広範囲での設計・建築には欠かせない調査となっています。

平板載荷試験では、基礎建設を予定している深度まで掘削し地ならしをした地盤に対し、一定面積に荷重をかけた際の沈み具合や地盤の状態の変化を調べます。この試験では地盤の支える力と特性を直接判定することができるため、状況が正確にわかる信頼性の高い調査と言えますが、深度については約60cm程度までが対象となります。このため地表付近と深い部分とで地質の違いがある土地では、平板載荷試験のみでなく、掘削や杭打ちの必要な試験など複数を組み合わせて行うことになります。調査作業には、圧力をかけるための重機や資材を用います。このため一般的に広いスペースが必要です。試験は専門の地質調査会社で行います。費用や精度は使用する機材によっても異なり、価格も一定ではありません。

Copyright© 2017 液状化対策を行っておくことで住宅を守ることができます All Rights Reserved.